180126_MuraokaFarm01281.jpg

健康ないちごにはクスリは要らない!

いちごがよろこぶ
いちごづくり

極限まで化学農薬に頼らない、減農薬と有機発酵肥料育ち

 

OUSAMANO-ICHIGO
王様のいちご®公式ウェブサイト

当HPをご覧くださいまして誠に有難うございます。園主の唐島晶悟です。私たちは、九州の佐賀県江北町で王様のいちご®を育てています。いちごは、病気や害虫に大変弱い植物です。そのため、クスリ(殺菌剤や化学農薬)が多く使われることもあります。しかし、当園では「いちごを安心して食べてもらいたい」と強く願って、土壌学・植物生理学を学び、日々研究を重ねてきました。

そして、私たちが辿り着いたのは「健康ないちごにはクスリはいらない!」ということでした。健康ないちごに育てるには「いちごを喜ばせるいちごづくり」が大切です。そのため、私たちはいちごにとって最適で贅沢な環境「空気」「光」「土」「栄養」を整えて育てています。こうした、 むらおか農園独自の栽培方法から【王様のいちご®】が生まれました。

王様のいちご®で“毎日、ベリーHAPPY!”でお過ごしいただけますと幸いです。

 
健康で美味しいいちごを育てるために.jpg

いちごがよろこぶお家。

王様のいちごのお家は、広くてあたたかい「王室ハウス」です。

こだわり4つをご紹介します。

空気.jpg

① いちごを、
 まもる空気。

「王室ハウス」の中は、乳酸菌や酵母菌などの有益菌群で満たされています。良い菌がたくさんいると悪い菌が繁殖しにくく、いちごを守ってくれて、病気予防になります。さらに、天然のニームオイルや唐辛子エキスで害虫を近づかせにくくしたり、窒息させたりします。

くうき_王様のいちご
光.jpg

② いちごに、
 うれしい光。

「王室ハウス」は佐賀平野の中にあり、日当たり良好です。いちごにとって、ちょうどよい二酸化炭素量をパソコンで管理・調整することで、光合成が促進されます。

ひかり_王様のいちご
土.jpg

③ いちごが、
​ 
そだつ土。

 毎年、土壌分析を行って地力回復を徹底します。そして、腐葉土をふんだんに使い、土壌をふかふかのベッドにします。いちごがしっかりと根を張り、栄養をグングン吸収します。

土_王様のいちご
栄養.jpg

④ いちごが、
よろこぶ食事。

王様のいちごの食事は、栄養学をもとに園主が作った、特製の有機発酵肥料です。6種類もあり、日々の状態に合わせてブレンドしています。この食事で、つやつやと  香り高く 味わい深い いちごになります。

食事_王様のいちご

OUSAMANO-ICHIGO/商品一覧

ぐるなびいちご.jpg

王様のいちご ギフトボックス

大切な方への贈り物に選ばれています

農園直送ならではの新鮮さを大事に、朝摘みしたものを収穫当日に発送します。“さがほのか”と“いちごさん”の二品種を、お好みで組み合わせていただけます。のしや、メッセージカードの添付もできますので、大事な方に「心」が伝えられます。(12月~翌2月まで)

%E3%81%93%E3%81%8A%E3%82%8A%E3%82%A4%E3%

王様のこおりいちご(凍結いちご)

毎日いちごのある生活を

王様のいちごを新鮮なうちに、ヘタ取り洗浄後して凍結しました。そのまま練乳をかけても、スムージーやジャムにしても◎。大人も子供も大好きなこおりいちごは、冷凍保存ですので、いちごをちょっとずつ楽しみたい方や、一年を通しての贈り物に喜ばれています。

DSC_0789切り取り.png

春限定のいちごセット

身近な方への贈り物に

ちょっとお得な、3月・4月限定のセットです。“さがほのか”と“いちごさん”の二品種を、お好みで組み合わせていただけます。ご家庭用はもちろん、身近な方への贈り物にも人気です。

 

OUSAMANO-ICHIGO/トピックス

【2022.11.15】研修生の募集について

 むらおか農園では研修生の募集は行っておりませんが、グループ農園観光農園 花祭いちごの谷では研修生を随時募集しています。

【2022.5月】​いちごのスイーツ&テイクアウト専門店OPENしました!

 JR九州江北駅(旧肥前山口駅)の北口にあります。当園のいちごをふんだんに使用しています。(Instagram(@ichigonotani.cafe) )

【2020年】いちご狩り体験施設OPENしました

王様のいちご®の栽培方法をもとに​観光農園花祭いちごの谷開園しました。

【2018.12月】第45回佐賀農業賞 若手経営者の部門で最優秀賞を受賞しました

今後も、若い人に「農業に進みたい」と思ってもらえるような仕事づくりをしていきたいです。

九州佐賀県のいちご

王様のいちごは、
佐賀県杵島郡江北町の

“むらおか農園”で
大切に作り育てられています。

 

OUSAMANO-ICHIGO/王様のいちご
代表紹介と略歴

むらおか農園代表

【代表】唐島晶悟
【創業】2004年4月1日
【代表略歴】

・物心ついた頃から野球が大好きで没頭する。

・佐賀商業高校に入学し、野球部に入部する。
・高校を卒業後、電気関係の仕事に就く。
・2004年:「自分で何か育てあげたい」と一念発起し、退職。祖父の畑を継ぐ。中古の苺ハウスを譲り受け、友人や家族の力を借りながら
ハウスを解体し、移設する。祖父の名字から屋号を「むらおか農園」として、佐賀県江北町でイチゴの栽培を始める。最初の数年間は試行と失敗を繰り返す。

・独学で栄養学や土壌生理学、植物生理学を学び、「健康ないちごにクスリ(化学農薬)は要らない」ことに気づく。

・「王様のいちご®」と名付ける。
2018年:第45回佐賀農業賞若手経営者部門最優秀賞、九州農政局長賞受賞。

2020年:株式会社花祭果実を設立、代表取締役に就任。「観光農園 花祭いちごの谷」を開園。

​2022年:JR江北駅北口に「いちごCAFE」(いちごスイーツテイクアウト)を開店。

 

いちごは、佐賀県の誇れる特産品(名物)です。贈り物、ギフトに“ 王様のいちご”の高級いちご、冷凍いちご ”が選ばれています。公式オンラインショップ(通販)(外部サイトへ移動します)でお買い求めいただけます。